忍者ブログ
Home > CHAGE and ASKA関連

I Can't Tell You Why

リアルでは言い出せないようなチラシの裏なブログ。CHAGE and ASKA、waffles、MacとかApple製品、オーディオインターフェイスとかの話題も。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ネタバレ注意】ASKA CONCERT TOUR 12>>13 ROCKET 12月25日 神奈川県民ホール

年が明けてしまいましたが、2012年12月25日の神奈川県民ホールのセットリストと少しだけ感想を書いておきます……。

拍手[2回]

【ネタバレ注意】ASKA CONCERT TOUR 12>>13 ROCKET 初日 12月14日 オリンパスホール八王子

ASKA CONCERT TOUR 12>>13 ROCKETの初日(12月14日)であるオリンパスホール八王子に行って来ました!

早速ですが、セットリストです。

拍手[29回]

ASKA@個人的人間国宝の7年ぶりのオリジナルアルバム『SCRAMBLE』の感想

ご無沙汰しています。
YSKNです。

10月17日に発売されたASKA@個人的人間国宝の7年ぶりのオリジナルアルバム『SCRAMBLE』の感想を書いていきたいと思います。


7年間も何をやっていたの?


まず、特にASKAを追いかけていない人が7年ぶりのオリジナルアルバム発売って外タレか!?って突っ込みたくなるかと思いますが、この期間は何もやっていなかったわけではなく、ずっとレコーディングとコンサート活動を続けて、セルフカバー・アルバムやスタンダード・ナンバーのカバー・アルバムをリリースされていました。

▼CDアルバム:
2011/12/7 BOOKEND
2010/11/3 君の知らない君の歌
2010/2/10 12
2009/11/25 STANDARD

▼CDシングル:
2009/2/25 あなたが泣くことはない
2008/10/1 UNI-VERSE

▼配信限定ライブ音源:
2011/6/1 ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACES
2008/11/1 ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE"at The Bay(Singapore)

▼配信限定シングル:
2012/3/16 木綿のハンカチーフ
2012/1/21 歌の中には不自由がない
2011/10/8 旅人よ
2011/7/30 巴里にひとり
2011/4/22 廃墟の鳩
2011/4/15 上を向いて歩こう

▼映像作品(DVD/Blu-ray):
2011/6/1 ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACES
2010/3/24 ASKA THE MELODY YOU HEARD THAT NIGHT 昭和が見ていたクリスマス
2009/11/25 ASKA CONCERT TOUR 2009 WALK
2009/2/25 ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 "SCENE"

ご覧の通りリリース自体はけっこうしていますし、コンサートツアーもけっこうやっていました。オリジナルアルバムではないにしろ、新曲はシングルや配信限定でリリースされていたのですが、7年という月日はファンを焦らすには十分過ぎる期間でした……。

そんな中でついにオリジナル・アルバムのリリース日が発表された時は嬉しい気持ちもありつつも本当に発売されるのかと心配になったファンも少なくないと思います。でも発売されました。



アルバム『SCRAMBLE』の感想


リリース前にプロモーション用の動画がリリースされていました。それがこれです。

>ASKA NEW ALBUM「SCRAMBLE」 2012.10.17 OUT

この動画で流れている曲は「いろんな人が歌ってきたように」というタイトルです。これだけでニュー・アルバムがASKAソロ史上(僕の中で)最高傑作になるのではないかという予感がしました。アルバムタイトル曲すら聴いていないのに。

そこで実際に聴いてみると、僕の予感は的中しました。あくまで僕の中ではASKAソロ史上最高傑作のアルバムです。

シングルなどで発表済みの楽曲を除くと「いろんな人が歌ってきたように」の穏やかさと力強さの中でゆれるに非常に惹かれました。そして2010年2月のコンサートのアンコールで歌詞が未完の状態で発表された曲「僕の来た道」にはBabyfaceのアンプラグドライブのようなリッチでドラマチックな構成に深い満足感を得ました。楽曲の構成や録音の完成度の高さなどは当然ですが、揺るぎないASKAの音楽が『SCRAMBLE』に明確に刻まれているのを感じたのです。

ミュージシャンに限った話ではありませんが、自分のスタイルを模索したり、今までとは違った事をやりたい、といった理由で今までにない奇をてらった物をパッケージングしたりする事がありますが、このアルバムにはASKAの人生というか、音楽の答えが出たように感じました。

1曲目から最後まで通して聴けるアルバムというのは単純な音楽的嗜好だけではなく、1曲1曲のクオリティと曲順、そして、例え後付けだろうと関係なく感じられるアルバム全体のコンセプトがポイントになっていると思います。ASKAの音楽の答え、それがアルバム『SCRAMBLE』なのではないかと。大げさかな。



『SCRAMBLE』詳細情報


『SCRAMBLE』特設ページ:http://scramble.chage-aska.net/
「音楽」(CD)、映像(Blu-ray)、「写真」(PICTURE BOOK)で魅せるASKAニューアルバム。
2012.10.17 リリース / POCS-22020 ¥4,500(tax-in)
[仕様]CD / Blu-ray / PICTURE BOOK / 特殊パッケージ

▼収録曲:
01. UNI-VERSE (Album Mix)
02. いろんな人が歌ってきたように
03. 朝をありがとう
04. L&R (Album Mix)
05. どんなことがあっても
06. SCRAMBLE
07. 歌の中には不自由がない
08. あなたが泣くことはない
09. 水ゆるく流れ
10. 僕の来た道

SCRAMBLE(Blu-ray Disc付)
SCRAMBLE(Blu-ray Disc付)
posted with amazlet at 12.10.20
ASKA
ユニバーサル シグマ (2012-10-17)
売り上げランキング: 15




正直な話し、「朝をありがとう」のシンセサイザーの音色はぜんぜん好みじゃないのですが、アルバムを
全て通して聴くと、最後には今までにない満足感を得られるのがこのアルバムのすごいところだと思います。(ちなみに今日『SCRAMBLE』が届いたのですが、既にCDで2週、iTunesのApple Losslessフォーマットで2週聴きました。)グレートなアルバムを手にしてしまったなと。




拍手[15回]

「SAY YES」発売20周年

Twitterで見たのですがCHAGE and ASKAの「SAY YES」は本日2011年7月24日で、発売20年だそうです。



SAY YES CHAGE&ASKA

ASIAN TOUR IN TAIPEIより。
1995年の台北公演ですね。
2日で4万人動員して台北の当時の動員記録を作ったとか。
でも1年か2年後にSHAZNAに42000人と記録を塗り替えられてしまったのは意外と知られていないかも。



chage&aska say yes mtv unplugged

1996年にMTV LONDONで行われたアンプラグドライブ。
当時はアジア人初のアンプラグドライブ出演。
ステージに居る日本人はチャゲアス以外ではギターの村上啓介氏だけ。



Chage & Aska-SAY YES

CHAGE and ASKA最後のコンサートツアーalive in liveより。
アコースティックコンサートということで通常とはことなる編曲がされており、間奏のサイズが倍になっていたり、アウトロで「鏡が映したふたりでも」と「walk」のフレーズを歌っていたのが印象深い。代々木体育館3days全てに参加した思い出深いコンサートでした。




「SAY YES」は特に思い入れがあるというわけではないけれど、「SAY YES」が大ヒットしていなければあんなブームにもならなかったかもしれないし、今でも好きではなかったかもしれない。非常に重要な曲なんだなと思います。



拍手[2回]

ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACESがiTunesStoreで配信開始

今日で28歳になりました。
そんで5回目の誕生日休暇中。


今日は20時から来客があるので部屋を片付けないといけないなと思いながらRSSリーダーを見ていたらこんな情報が。

Clip Memo | FACES発売 « CHAGE and ASKA Official Web Site
http://www.chage-aska.net/clipmemo/594



『ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACES』のDVDとBlurayが6月1日に発売されるのは知っていたのですが、同日にiTunesStoreでも配信開始されました。

※ iTunesが開きます
 ↓
ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACES
http://itunes.apple.com/jp/album/aska-concert-tour-10-11-faces/id440207725



1曲200円で全20曲のアルバム購入だと2000円です。
フォーマットはAACで128kbpsと高音質ではないですが、ライブ盤が映像作品だけでなく配信でもリリースされるのはファンとしては嬉しいです。(注意:iTunesStoreでは映像ではなくて音声のみですよ)


個人的には、「MY Mr. LONELY HEART (Live)」と「くぐりぬけて見れば (Live)」と「Far Away (Live)」が特に好きです。もちろん「めぐり逢い」とか「はじまりはいつも雨」とかヒット曲も好きですが。あと、和田アキ子さんの「あの鐘を鳴らすのはあなた (Live)」のカバーも。(曲が好きというよりはレア度が高いってところの方がポイント高いっすね。)




ちなみに収録会場は武道館だったんですけど、漏れ無く僕も行きました。会社を早退してまで。 東京公演はパッケージになることが多いので、コンサートに行くと自分が客席に居るのを発見できたりと楽しいです。


ASKA CONCERT TOUR 10 >> 11 FACES VIDEOS 特設サイト
http://facesvideo.chage-aska.net/

特設サイトではコンサートのダイジェストを試聴できます。


実際に行った公演なので聴いているといろいろ思い出しますね。
こういう演奏になっていたとか、本当はこうなっていたのか、とか。
楽しい。




拍手[2回]

スポンサードリンク

ブログ内検索

たっつぁん

プロフィール

HN:
YSKN
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/06/01
職業:
だいたい自宅警備員
趣味:
音楽、漫画、アニメ、ゲームなどなど。
自己紹介:
ファン歴20年以上のチャゲアスファン。ASKAには幻滅させられたけれど、CHAGE and ASKAが再始動したら手放しで許しちゃうと思う。

アーカイブ

最新コメント

[09/07 鈴木]
[03/18 Dissertation Writing Service]
[02/08 haya]
[12/26 haya]
[12/23 米]
[12/21 haya]
[12/16 sanbyakuMAN]
[12/10 BlogPetのもこもこ]
[12/08 haya]
[12/08 sazzy]
[12/08 b0ner]
[12/07 haya]

忍者アクセス解析

忍者カウンター

忍者バリア

コメントスパムが増えたので忍者バリアを利用しています。

忍者ブログ広告

PR