忍者ブログ
Home > > [PR] Home > CHAGE and ASKA関連 > ASKA 10 days special 東京厚生年金会館 2月13日(激しくネタバレ)

I Can't Tell You Why

リアルでは言い出せないようなチラシの裏なブログ。CHAGE and ASKA、waffles、MacとかApple製品、オーディオインターフェイスとかの話題も。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ASKA 10 days special 東京厚生年金会館 2月13日(激しくネタバレ)

今日はASKA@個人的人間国宝のコンサートを観に東京厚生年金会館へ行ってきました。今回は2階席の最前列とかなり席運が良くて最高でしたよ。

ということで、以下、激しくネタバレです。

ネタバレが嫌なひとは気をつけてくださいね。




ASKA 10 DAYS SPECIAL
グッバイ&サンキュー
東京厚生年金会館
-ここにあなたの足跡を-

激しく、ネタバレ。


※バンドメンバー(敬称略ですいません。)※
ドラム:江口信夫
ベース:メッケン
ギター、エレキシタール:古川昌義
ギター:原田喧太(俳優さんの息子さんらしいです)
ピアノ、キーボード、アレンジ、コーラス:澤近泰輔
キーボード:十川知司
ヴァイオリン、キーボード、サックス、コーラス:クラッシャー木村
コーラス、マニュピレーター、パーカッション:小笠原学

今回、澤近泰輔氏はバンドマスターとしては紹介されていなかったです。なんでしょう。十川知司氏も居るから? あと今回の10公演はギタリストが変則的で日によって組み合わせが違うらしいです。今日は出演されていませんが、鈴川真樹氏、小倉博和氏、古川望氏が他に出演されるらしいです。僕は来週も東京厚生年金会館に行くのですが、今日と同じギタリストのふたりのようです。バンドメンバーがこの短期間でかわることでどれぐらい影響が出るのか興味があったのでちょっと残念です。



※セットリスト(改行部分はMCが入ったと思ってください)※

1.L&R
 :新しい曲なだけあって、オリジナルのまま
2.着地点
 :ほぼオリジナル。ギターの音数が多めで良かったです。
3.Tattoo
 :クラビネット風のシンセサイザーの音色が特徴的でした。CHAGEの「アイシテル」ツアーでの「crimson」みたいな感じです。
4.風のライオン
 :『12』バージョン。ボーカルに圧倒されます。

5.LOVE SONG
 :『12』バージョン
6.はるかな国から
 :序盤で演奏されるとは思っていなかったので嬉しい誤算でした。
7.ONE
 :もう聴けないのではないかと思っていたので嬉しかったです。
8.はじまりはいつも雨
 :『12』バージョン。音数が少なくなると一気にボーカルの魅力が際立ちますね。

9.girl
 :MCの後に演奏されるのは1998年の台湾のイベント以来ではないでしょうか。
10.no way
 :個人的鳥肌曲。後半盛り上がっていく感じが好きなんです。
11.ロケットの樹の下で
 :発売当時はいまいちだったのですが、2007年の「alive in live」ツアー以降好きになりました。力強い。
12.同じ時代を
 :オリジナルと「goog time」ツアーのアレンジのハイブリッドバージョンって感じですかね? 3曲連続で僕は鳥肌が立ちました。もちろん良い意味ですよ。

13.walk
 :『12』バージョン。イントロのシンセサイザーの電子音の高音が耳に刺さって痛かったです。基本的に静かな伴奏なのでボーカルが際立っていました。
14.cry
 :今までアンコールでしか演奏されていなかったので意外な曲順。
15.晴天を誉めるなら夕暮れを待て
 :お約束曲。しかし、盛り上がる。
16.月が近づけば少しはましだろう
 :『12』バージョン。これもお約束曲なのに感動してしまう。やっぱり名曲ですね。
17.心に花の咲く方へ
 :「ロケットの樹の下で」と同じようにこの曲も発売当時は良さがあまりよくわからなかったのですが、コンサートで何度も聴いていくうちにこの曲の良さをやっとわかってきた気がします。ASKA御本人が代表曲というだけのことはあるなと思います。

18.UNI-VERSE
 :大好き。
19.君が愛を語れ
 :『12』バージョン。この曲も最近になって良さがわかってきた気がします。本来込められた意味は10代の頃の僕には到底わからないものでした。

20.新曲(実質アンコールで、歌詞がまだできていないということで仮歌)
 :まさかの新曲。率直に言うと、1990年代のbabyfaceプロデュースの曲とASKAらしさの曲の中間ぐらいの曲です。パワーバラードというべきでしょうか。切なさと力強さで感動するのではなく、明るさと歌唱力で感動する感じです。



今回の選曲は僕にとってはほぼ当たりでした。もちろん曲数が多いので他にも聴きたい曲はたくさんありますが、1曲も嫌いな曲がありませんでした。特に「no way」はもう二度とコンサートでやらないのではないかと思っていただけに聴けてとても嬉しかったです。エレキシタールとアコースティックギター、12弦ギターでインドっぽい雰囲気のアレンジになっていてはまっていました。

アルバム『ONE』のタイトル曲「ONE」を聴けたのも嬉しかったです。この曲でクラッシャー木村さんがサックスを披露していました。そういえばプロミュージシャンってマルチプレイヤーが多いですよね。木村さんはメンバー紹介で音大をトップで卒業したとか紹介されていましたよ。若干冗談っぽかったですが。

そして今回はライフタイムベストアルバム『12』をリリースしたのにも関わらず、『12』収録曲は「はじまりはいつも雨」「風のライオン」「love song」「君が愛を語れ」「walk」「月が近づけば少しはましだろう」の6曲のみでした。僕はてっきり10曲ぐらいは演奏されるのではないかと思っていたのですがそこは残念でした。


続く……。


ということで、続きというか、取り急ぎ1曲1曲に簡単にコメントを追加しました。(2/14未明追記)


まだまだ続く……かも。


拍手[30回]

コメント
1.誤算するの? BlogPetのもこもこさん (2010/02/14 14:48)

誤算するの?

4.素晴らしい! Dissertation Writing Serviceさん (2011/03/18 16:30)

私はこのバンドが大好きです。情報をお寄せいただきありがとうございます。私は本当に彼らの音楽に耳を傾ける。私は実際にドラマーに心酔。

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

スポンサードリンク

ブログ内検索

たっつぁん

プロフィール

HN:
YSKN
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/06/01
職業:
だいたい自宅警備員
趣味:
音楽、漫画、アニメ、ゲームなどなど。
自己紹介:
ファン歴20年以上のチャゲアスファン。ASKAには幻滅させられたけれど、CHAGE and ASKAが再始動したら手放しで許しちゃうと思う。

アーカイブ

最新コメント

[09/07 鈴木]
[03/18 Dissertation Writing Service]
[02/08 haya]
[12/26 haya]
[12/23 米]
[12/21 haya]
[12/16 sanbyakuMAN]
[12/10 BlogPetのもこもこ]
[12/08 haya]
[12/08 sazzy]
[12/08 b0ner]
[12/07 haya]

忍者アクセス解析

忍者カウンター

忍者バリア

コメントスパムが増えたので忍者バリアを利用しています。

忍者ブログ広告

PR