忍者ブログ
Home > Led Zeppelinネタ

I Can't Tell You Why

リアルでは言い出せないようなチラシの裏なブログ。CHAGE and ASKA、waffles、MacとかApple製品、オーディオインターフェイスとかの話題も。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Led ZeppelinのコピーバンドMr.JIMMY初体験! 原宿クロコダイル 2011/06/18

久しぶりの更新。

Led ZeppelinのコピーバンドMR.JIMMYの存在は前から知っていて、Marshall BlogのMR.JIMMY 『Led Zeppelin US Tour in 1977』という記事を6月17日の夜に読んで、MR.JIMMYのライブに行きたくなったんですよ。

それでMR.JIMMYの公式サイトを見たらその翌日6月18日に原宿クロコダイルでライブがあるというのを知って一種の運命を感じたので行ってきました。


2011/6/18(土)原宿クロコダイル
『'72年USツアー/How The West Was Won』
○OPEN 5:30pm/START 7:00pm
○A席\3,800/B席\3,500(要予約)/
スタンディング¥2,800(予約不要)/全1オーダー別


今回のライブのテーマが『'72年USツアー/How The West Was Won』という事で、2003年に発売されたライブ盤『How the West Was Won』収録曲がそのまま演奏されました。



<セットリスト>
ディスク:1
1. L.A.Drone
2. Immigrant Song
3. Heartbreaker

4. Black Dog
5. Over The Hills And Far Away

6. Since I've Been Loving You
7. Stairway To Heaven

8. Going To California
9. That's The Way
10. Bron-Y-Aur Stomp

ディスク:2
1. Dazed And Confused
2. What Is And What Should Never Be
3. Dancing Days
4. Moby Dick

ディスク:3
1. Whole Lotta Love (Medley)

>Encore
2. Rock And Roll
3. The Ocean
4. Bring It On Home


アンコールが終わってもアンコールの拍手が鳴り止まない。
そしたらMR.JIMMYの面々が再度ステージへ。
会場はかなり出来上がっていたので、すげー曲をやらないと収まらないだろうと感じていました。72年までにリリースしていたやつで今の観客を満足させる事ができる曲は1stアルバムの「Communication Breakdown」ぐらいだろうと思ったら、まさかの、「Achilles last stand」のイントロが!! それで会場は大盛り上がりになったところで、「Communication Breakdown」を演奏するというフェイントを喰らいました。この演出に僕はがっつりやられてしまいました。



「Communication Breakdown」が来るだろうと思ったらアキレス最後の戦いのイントロで良い意味で期待を裏切られつつ、しかしそれはフェイクで「Communication Breakdown」を演奏されたりとか。最高な夜でした。ただ、3時間立ちっぱなしのライブは久しぶりだったので帰りきつかったです。汗だくだったし。

普段ライブハウスとかではワンドリンクしか飲まないんだけどあまりに酔っ払いながら聴くのが楽しくて追加で飲んでしまいましたよ。


そしてMR.JIMMYの次のライブは↓だそうです。


2011/7/24(日)日比谷野外音楽堂/LEGEND OF ROCK
○OPEN 12:30/START1:00pm
○前売\3,500/当日\4,000

○出演:JIMISEN(as JIMI HENDRIX)/MR.JIMMY(as LED ZEPPELIN)/VON HALEN(as VAN HALEN)/MAKIN'LOVE(as KISS)/RAINBOE KNIGHTS(as RAINBOW)/THE BEGGARS(as THE ROLLINGSTONES)/TOWNZEN(as THE WHO)/PLATINUM SNAKE(as WHITESNAKE)/HATTALLICA(as METALLICA)

7月で野音とかあつすぎる。
でも野音行ったこと無いし行ってみたいな。
ジミヘン、ヴァン・ヘイレン、レインボウ、ストーンズ、KISS、who、ホワイトスネイク、メタリカ、どれもMR.JIMMY並のクオリティーのコピーバンドだったら相当ヤバいよなー。全部観たいけど、昼1時から夜までだととても体力持たないから休み休みしないと厳しそう。


原宿クロコダイルでのライブも今年2回決まっているみたいなのでできる限り行こう。テーマがきっとまた違っているはずだし。

2011/10/15(土)原宿クロコダイル
2011/12/17(土)原宿クロコダイル


3000〜4000円で大満足できるライブって中々無いので今回のMR.JIMMYのライブは最高でした。Led Zeppelinが好きな人は是非行ってみてください。余程の純正派でない限りは満足できると思います。むしろ僕は感動しましたよ。「Dazed And Confused」のライブバージョンをあそこまで再現できるバンドなんていないと思いますし。


MR.JIMMY
http://www.mrjimmy.jp/index2.htm


MR.JIMMY信者になりそうw



拍手[4回]

長山洋子の新曲がLed Zeppelinの「Heartbreaker」

Twitterを見ていたら衝撃的なツイートを目にしました。

長山洋子さんの新曲がモロLed Zeppelinだというのです。

これっす。

長山洋子 博多山笠女節


で、元ネタっす。

Led Zeppelin - Heartbreaker



どうでしょう。
リフだけですけど。
演歌の世界もいろいろあるんですねぇ。



ちなみに僕がHeartbreakerで一番好きなバージョンはこのアルバムに収録されています。
Led Zeppelin『How The West Was Won』

マジでかっこいいっす。



拍手[0回]

Babe I'm Gonna Leave You

Led Zeppelinの1stアルバム収録曲「Babe I'm Gonna Leave You」を今朝、久しぶりに聴いた。

すげーかっこいい。

Led Zeppelin「Babe I'm Gonna Leave You」

アコースティックギターのアルペジオから静かにはじまって、このダイナミクス。



Page & Plant - Babe I'm Gonna Leave You (Bizarre Fest.)

そしてこっちはライブ。
ふたりともこの時すでに劣化しているけどそれでも良い!
やっぱり好き。


拍手[1回]

Jimmy PageのNo.2 Les Paul世界限定325本発売

個人的な衝撃ニュース!

ジミー・ペイジの"ナンバー2"レス・ポール 世界限定325本で発売!
http://port.rittor-music.co.jp/guitar/productnews/electricguitar/100108_11161.php




**以下、引用******************************
Gibson Custom Shop Jimmy Page "Number Two" Les Paul
オリジナル・ギターを繊密に再現した3モデル。ペイジの直筆サイン入りも!

ジミー・ペイジにとっての2本目のサンバースト・レス・ポール、「Number Two」を緻密に再現したモデルが、ギブソン・カスタムショップより登場する。


ペイジの最初のサンバースト・レス・ポールである通称「Number One」は、イーグルスのジョー・ウォルシュから譲り受けたものだったが、「Number Two」はそれから数年後の1973年に入手した、1959年製のレス・ポール・スタンダードだ。

入手後、「Number Two」のネックは、「Number One」のフィーリングに近づくよう、リシェイプされた。2基のハムバッカー・ピックアップも改良され、コイル・スプリット、シリーズ/パラレル、さらには逆位相サウンドを、プッシュ・プル式の4つのコントロール・ポットと、ピックガード下の2つのプッシュ式スイッチでコントロールできるようになった。こうして生まれた画期的なギター「Number Two」は、レッド・ツェッペリン時代のペイジに頻繁に使用されることとなる。


さて、今回登場したギブソン・カスタムショップ製の「Jimmy Page "Number Two" Les Paul」は、ペイジ本人の協力によって、オリジナルの「Number Two」を繊密に調査して再現されたギターだ。完成するまでには多くのプロトタイプが作られ、その1本1本がペイジ本人によって細かくチェックされたとのこと。

発売されるモデルは、Aged/Signed、Aged、V.O.S.の3種類で、それぞれの特徴、販売本数、希望小売価格は以下のとおり。中でも最高級モデルのAged/Signedは、ペイジ本人が実際に弾いたギターであり、世界で25本のみの販売ということで、ファン垂涎のコレクターズ・アイテムになるだろう。

【Aged/Signed】
●エイジング加工/ペイジ本人による試奏/直筆のシリアル・ナンバーとサイン入り
●限定25本
●2,588,250円

【Aged】
●エイジング加工
●限定100本
●1,401,750円

【V.O.S.】
●カスタム・ショップのV.O.S.仕上げ
●限定200本
●1,024,800円

Aged/SignedとAgedのエイジング加工は、ヴィンテージ・エキスパートであるTom Murphyの手によるもの。3機種ともに専用ハードケースと認定書付きで、発売は2010年2月の予定。

*************************************


ちなみにV.O.SはVintage Original Specの略らしいです。


限定25本は250万円overとか高いよ。
良い車が買えるレベル。

それにしても、ペイジのNo.2 Les PaulってリアPUのカバー外していたっけ? 僕の記憶ではNo.1だけだったような気がするのですが。少なくとも10年前はそうだった。ソースはヤングギターのジミー・ペイジ特集。ブラッククロウズと一緒にやっていた時期のNo.2の写真はPUカバーついている。

まぁ、どうせいちばん安いやつも買えませんけどね。

拍手[1回]

the ocean

Led Zeppelin The Ocean 1973


ふと、思い出した。

3年ぐらい前だと思うんだけど、zeppelinの「the ocean」のリフを下敷きにしたような曲がよく流れていたんだけど、それって誰なんだろうか。

ご存じのかたがいらっしゃいましたら是非教えてください。

宜しくお願い致します。

拍手[0回]

        
  • 1
  • 2
  • 3

スポンサードリンク

ブログ内検索

たっつぁん

プロフィール

HN:
YSKN
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/06/01
職業:
だいたい自宅警備員
趣味:
音楽、漫画、アニメ、ゲームなどなど。
自己紹介:
ファン歴20年以上のチャゲアスファン。ASKAには幻滅させられたけれど、CHAGE and ASKAが再始動したら手放しで許しちゃうと思う。

アーカイブ

最新コメント

[09/07 鈴木]
[03/18 Dissertation Writing Service]
[02/08 haya]
[12/26 haya]
[12/23 米]
[12/21 haya]
[12/16 sanbyakuMAN]
[12/10 BlogPetのもこもこ]
[12/08 haya]
[12/08 sazzy]
[12/08 b0ner]
[12/07 haya]

忍者アクセス解析

忍者カウンター

忍者バリア

コメントスパムが増えたので忍者バリアを利用しています。

忍者ブログ広告

PR