忍者ブログ
Home > 記事一覧

I Can't Tell You Why

リアルでは言い出せないようなチラシの裏なブログ。CHAGE and ASKA、waffles、MacとかApple製品、オーディオインターフェイスとかの話題も。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忍者TOOLSが忍者ツールズにリニューアル!

してましたね。


↓リニューアルした忍者ツールズのトップページ。
忍者ツールズ|ホームページ ブログ アクセス解析 カウンター メールフォーム
http://www.ninja.co.jp/



それからリニューアル記念で有料プランの初期費用無料キャンペーンとかもやっているみたいです。
リニューアル記念!有料プランの初期費用無料キャンペーン|忍者ツールズ
http://www.ninja.co.jp/campaign/initial-expense/



個人的には忍者ホームページを使って頂きたいです。
本気で。






拍手[0回]

Led ZeppelinのコピーバンドMr.JIMMY初体験! 原宿クロコダイル 2011/06/18

久しぶりの更新。

Led ZeppelinのコピーバンドMR.JIMMYの存在は前から知っていて、Marshall BlogのMR.JIMMY 『Led Zeppelin US Tour in 1977』という記事を6月17日の夜に読んで、MR.JIMMYのライブに行きたくなったんですよ。

それでMR.JIMMYの公式サイトを見たらその翌日6月18日に原宿クロコダイルでライブがあるというのを知って一種の運命を感じたので行ってきました。


2011/6/18(土)原宿クロコダイル
『'72年USツアー/How The West Was Won』
○OPEN 5:30pm/START 7:00pm
○A席\3,800/B席\3,500(要予約)/
スタンディング¥2,800(予約不要)/全1オーダー別


今回のライブのテーマが『'72年USツアー/How The West Was Won』という事で、2003年に発売されたライブ盤『How the West Was Won』収録曲がそのまま演奏されました。



<セットリスト>
ディスク:1
1. L.A.Drone
2. Immigrant Song
3. Heartbreaker

4. Black Dog
5. Over The Hills And Far Away

6. Since I've Been Loving You
7. Stairway To Heaven

8. Going To California
9. That's The Way
10. Bron-Y-Aur Stomp

ディスク:2
1. Dazed And Confused
2. What Is And What Should Never Be
3. Dancing Days
4. Moby Dick

ディスク:3
1. Whole Lotta Love (Medley)

>Encore
2. Rock And Roll
3. The Ocean
4. Bring It On Home


アンコールが終わってもアンコールの拍手が鳴り止まない。
そしたらMR.JIMMYの面々が再度ステージへ。
会場はかなり出来上がっていたので、すげー曲をやらないと収まらないだろうと感じていました。72年までにリリースしていたやつで今の観客を満足させる事ができる曲は1stアルバムの「Communication Breakdown」ぐらいだろうと思ったら、まさかの、「Achilles last stand」のイントロが!! それで会場は大盛り上がりになったところで、「Communication Breakdown」を演奏するというフェイントを喰らいました。この演出に僕はがっつりやられてしまいました。



「Communication Breakdown」が来るだろうと思ったらアキレス最後の戦いのイントロで良い意味で期待を裏切られつつ、しかしそれはフェイクで「Communication Breakdown」を演奏されたりとか。最高な夜でした。ただ、3時間立ちっぱなしのライブは久しぶりだったので帰りきつかったです。汗だくだったし。

普段ライブハウスとかではワンドリンクしか飲まないんだけどあまりに酔っ払いながら聴くのが楽しくて追加で飲んでしまいましたよ。


そしてMR.JIMMYの次のライブは↓だそうです。


2011/7/24(日)日比谷野外音楽堂/LEGEND OF ROCK
○OPEN 12:30/START1:00pm
○前売\3,500/当日\4,000

○出演:JIMISEN(as JIMI HENDRIX)/MR.JIMMY(as LED ZEPPELIN)/VON HALEN(as VAN HALEN)/MAKIN'LOVE(as KISS)/RAINBOE KNIGHTS(as RAINBOW)/THE BEGGARS(as THE ROLLINGSTONES)/TOWNZEN(as THE WHO)/PLATINUM SNAKE(as WHITESNAKE)/HATTALLICA(as METALLICA)

7月で野音とかあつすぎる。
でも野音行ったこと無いし行ってみたいな。
ジミヘン、ヴァン・ヘイレン、レインボウ、ストーンズ、KISS、who、ホワイトスネイク、メタリカ、どれもMR.JIMMY並のクオリティーのコピーバンドだったら相当ヤバいよなー。全部観たいけど、昼1時から夜までだととても体力持たないから休み休みしないと厳しそう。


原宿クロコダイルでのライブも今年2回決まっているみたいなのでできる限り行こう。テーマがきっとまた違っているはずだし。

2011/10/15(土)原宿クロコダイル
2011/12/17(土)原宿クロコダイル


3000〜4000円で大満足できるライブって中々無いので今回のMR.JIMMYのライブは最高でした。Led Zeppelinが好きな人は是非行ってみてください。余程の純正派でない限りは満足できると思います。むしろ僕は感動しましたよ。「Dazed And Confused」のライブバージョンをあそこまで再現できるバンドなんていないと思いますし。


MR.JIMMY
http://www.mrjimmy.jp/index2.htm


MR.JIMMY信者になりそうw



拍手[4回]

ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACESがiTunesStoreで配信開始

今日で28歳になりました。
そんで5回目の誕生日休暇中。


今日は20時から来客があるので部屋を片付けないといけないなと思いながらRSSリーダーを見ていたらこんな情報が。

Clip Memo | FACES発売 « CHAGE and ASKA Official Web Site
http://www.chage-aska.net/clipmemo/594



『ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACES』のDVDとBlurayが6月1日に発売されるのは知っていたのですが、同日にiTunesStoreでも配信開始されました。

※ iTunesが開きます
 ↓
ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACES
http://itunes.apple.com/jp/album/aska-concert-tour-10-11-faces/id440207725



1曲200円で全20曲のアルバム購入だと2000円です。
フォーマットはAACで128kbpsと高音質ではないですが、ライブ盤が映像作品だけでなく配信でもリリースされるのはファンとしては嬉しいです。(注意:iTunesStoreでは映像ではなくて音声のみですよ)


個人的には、「MY Mr. LONELY HEART (Live)」と「くぐりぬけて見れば (Live)」と「Far Away (Live)」が特に好きです。もちろん「めぐり逢い」とか「はじまりはいつも雨」とかヒット曲も好きですが。あと、和田アキ子さんの「あの鐘を鳴らすのはあなた (Live)」のカバーも。(曲が好きというよりはレア度が高いってところの方がポイント高いっすね。)




ちなみに収録会場は武道館だったんですけど、漏れ無く僕も行きました。会社を早退してまで。 東京公演はパッケージになることが多いので、コンサートに行くと自分が客席に居るのを発見できたりと楽しいです。


ASKA CONCERT TOUR 10 >> 11 FACES VIDEOS 特設サイト
http://facesvideo.chage-aska.net/

特設サイトではコンサートのダイジェストを試聴できます。


実際に行った公演なので聴いているといろいろ思い出しますね。
こういう演奏になっていたとか、本当はこうなっていたのか、とか。
楽しい。




拍手[2回]

Chageの茶会2011 ~銀座なう!~ 最終日5月24日に参加した

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

僕は数ヶ月前からChageの茶会の最終日に行く事が決まっていたました。

しかし、先日、某社のセミナーの出演依頼があった時にうっかり「あ、いいっすよ。上の人間に確認してみます。」とか酔っ払いながら答え、帰宅後に茶会の事を思い出し、即効で断りの電話をしました。

なのにも関わらず、5月24日の送別会にスケジュール空いていると言ってしまったYSKNです。こんばんは。

いや、もう、自分が情けなくて情けなくてどうしようもなかったです。
会社は早退して銀座に向い、ライブが終わったら渋谷にとんぼ返りして送別会に参加するとかね。
Iさん、本当に申し訳ない。



で、Chageの茶会2011 ~銀座なう!~ 最終日5月24日に参加した訳です。



はっきり書くと、僕は昭和歌謡曲がそんなに興味がない事が分かった。
つまり、半分近くつまらなかった。
まぁ、好みの問題だから仕方ないよね。


はい、以下、セットリスト。
最終日なので隠す事もなく記載。
改行部分はMCってやつです。

<Chageの茶会2011 ~銀座なう!~ 最終日5月24日 ル テアトル銀座 by PARCO セットリスト>
東京ラプソディー(藤山一郎) 〜 銀座カンカン娘(高峰秀子) 〜東京ラプソディー

有楽町で逢いましょう(フランク永井 )

銀座の恋の物語(石原裕次郎・牧村旬子)
遠くへ行きたい(ジェリー藤尾)

誰かさん〜CLOSE YOUR EYES〜
two of us
夢の飛礫

夢で逢えたら(吉田美奈子)

カッコマン・ブギ(ダウンタウンブギウギバンド) 〜 東京ブギウギ(笠置シヅ子)
夢の中へ(井上陽水)
アイシテル

TOKYO MOON(新曲)
トウキョータワー

僕が見つけた気持ちのいい場所

アンコール:
見上げてごらん夜の星を(坂本九 )

まわせ大きな地球儀
以上。




「有楽町で逢いましょう」って、有楽町にそごうデパートができた時に、キャンペーンソングとして録音された歌とかそんな話しを聞けました。知らなかった。キャンペーンソングの走りとか言っていましたね。


個人的には「誰かさん〜CLOSE YOUR EYES〜」を聞けて良かったのと「夢の飛礫」を茶会でアコースティックバージョンで聞けて別の良さを感じれたのがすごく良かったですね。そりゃシングルになるわな。「夢の中へ」からの「アイシテル」の流れも良かったです。茶会で3年目にして初めてスタンディングになったのも印象的。


新曲の「東京ムーン」(TOKYO MOONなのかトウキョウムーンなのかはわからないけど)はいまいちピンと来なかった。嫌いだなと思う曲はだいたいだめだけどピンと来なかった曲は何度も聴いていくと印象が変わったりするので今後のリリースに期待。


「見上げてごらん夜の星を」に関しては、音響機材の音をなるべく落として、生音に近い状態で演奏されていました。完全にオフするとは言ってはいませんでしたが、Chageさんの声量が姿勢や体の向きによって変化したので限りなく生音だったんだろうと思います。着席で700人クラスの会場でも後ろの方までしっかり聴こえるものなんですね。すげーわ。これはさすがにDVDとかパッケージでは味わえない体験ですね。これだけでも行って良かったかもしれない。


これであとはカバー曲とオリジナル曲の演奏数のバランスがもっとオリジナルよりだったら最高でしたね。僕は。



それにしても今年2011年の茶会ってDVDになるのかね?
しゃべりがメインで歌がおまけの実験的作品を出すとか冗談っぽく言っていたけど。
それはそれで買ってしまいそうで怖い。




拍手[4回]

waffles presents "珈琲唄" 都電でGO!編

ライブ会場が貸切の都電。
都電荒川線の三ノ輪橋〜早稲田まで。
もうこの時点で行かなきゃいけない特別な感じがしたので速攻でチケットを予約したのを覚えている。


2011年5月22日(日)waffles presents "珈琲唄" 都電でGO!編
【公演日】2011年5月22日(日)
【会場】都電荒川線
【時間】集合13:30 出発14:00(三ノ輪橋駅)~到着15:00予定(早稲田駅)
【料金】前売2,000円 当日2,500円 ※THANK YOU SOLD OUT!
【出演】waffles
【詳細】都内の珈琲唄は、さらに遊び心をプラスして、都電での開催!
    電車に乗ってワッフルズ、一生に一度かもしれないので!?、ぜひお見逃しなく!
    定員がありますので、こちらも予約はお早めに!


1曲目のイントロはベースからはじまった。
Diana Ross & The Supremesのヒット曲「You Can't Hurry Love」のイントロのベース。
あの軽快なグルーブにノッてきた歌はミニアルバム『pool』に収録されているバラード「一熟(いちじく)」だった。もう1曲目でやられた。オリジナルの切ないバラードが軽快なポップソングに生まれ変わった。これはもう一度、いや、何度も聴いてみたい。

二曲目以降は下記の通り。

『ballooner』収録の「ざわめき」
『cinematic』僕の好きなひと
新曲(未発売)シンカイギョ
『one』リズム
『ballooner』Tokyo.station
『one』トウキョウ
『ballooner』レモンレイル

「Tokyo.station」を演奏している時に外が大雨になったのが印象的。
そして早稲田駅につくまではスピッツの「空も飛べるはず」を大野恭子さん一人でギター弾き語りを。途中から木村さんが歌で参加したりジョナさんがタンバリンを。電車のユレでたまに演奏し難そうだったけど心温まる演奏でとてもよかった。



そしてちょこちょこ登場していた鍵盤ハーモニカの裏側には「大野きょう子」と書いてあったのがまたリアル。いろいろ可愛かった。



でも演奏が良いとかどうとか、ジョナさんがYAMAHAの12弦を使っているとか、そういった事を超越して印象に残っているのは大野恭子さんの口から「肛門科」という言葉が発せられた事だった。これは電車内で歌う時に視線の先に電車の窓に貼ってあった広告に「肛門科」と書かれており、ライブ後半で突発的に口から出たのだから仕方がない。そりゃネタにしたくなるはず。



涙あり、笑いあり、胸キュンあり、そんなwafflesの都電ライブがとても良かった。楽しかった。また都電でライブをして欲しい。むしろ恒例化して欲しい。年2〜3回ぐらいで。それぐらい良かった。



次の東京でのライブは新作制作のためしばらく無いらしい。
wafflesの新作はいつも良いので期待大。
新曲だけでなく、先日ライブで演奏された「魔法が解けない」の別詩バージョンとか今回演奏された「一熟(いちじく)」とか、「so sad」のアップテンポバージョンとかも収録されたらすごく嬉しいのですが。


まぁ、ファンは気長に待つだけです。
waffles love.






拍手[0回]

スポンサードリンク

ブログ内検索

たっつぁん

プロフィール

HN:
YSKN
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/06/01
職業:
だいたい自宅警備員
趣味:
音楽、漫画、アニメ、ゲームなどなど。
自己紹介:
ファン歴20年以上のチャゲアスファン。ASKAには幻滅させられたけれど、CHAGE and ASKAが再始動したら手放しで許しちゃうと思う。

アーカイブ

最新コメント

[09/07 鈴木]
[03/18 Dissertation Writing Service]
[02/08 haya]
[12/26 haya]
[12/23 米]
[12/21 haya]
[12/16 sanbyakuMAN]
[12/10 BlogPetのもこもこ]
[12/08 haya]
[12/08 sazzy]
[12/08 b0ner]
[12/07 haya]

忍者アクセス解析

忍者カウンター

忍者バリア

コメントスパムが増えたので忍者バリアを利用しています。

忍者ブログ広告

PR