忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 楽器・機材関連 > 経年変化による出音の変化

I Can't Tell You Why

リアルでは言い出せないようなチラシの裏なブログ。CHAGE and ASKA、waffles、MacとかApple製品、オーディオインターフェイスとかの話題も。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

経年変化による出音の変化

前々回のエントリーで”明日は適当ではなくちゃんと構成を組み立てて録音してみようと思います。”とか書いていたのですが、ギターの弦交換とオクターブチューニングと試し弾きをしていたらあっという間に夕方でしかも眠くなり夕寝してしまったので”明日は適当ではなくちゃんと構成を組み立てて録音してみようと思います。”を実現できなかったYSKNです。こんばんは。

そんで弦交換とオクターブチューニングしたのはCHAGEモデルとレスポールです。
090125
赤いのがCHAGEモデル。
金色がレスポール。

CHAGEモデルはカッティングとボディの軽さを重要視されて作られたギターです。けっこうジャッキジャキです。そして歪み系のエフェクターも気持ちよく乗ってくれます。廉価版ですが非常に満足しています。オクターブチューニングも割と簡単に合ったし。弦交換後の試し弾き(練習ではない)がとても楽しかったです。

レスポールは21歳ぐらいの時にふられた衝動で買った物です。新品で2002年製だったと思います。当時はけっこう新品の楽器が安かったです。今の販売価格よりも7万円ぐらい安く買えました。価格だけで考えれば良いときに買えたんだなと思いました。

そしてCHAGEモデルと同様に試し弾き(練習ではない)をしたら音色がかなり変わっていました。まさか、”これが経年変化か!?” とか思ったのですが、弦高を少し高くしたし、いつも使っている弦と種類が違うからだろうってところで落ち着きました。

普段はアーニーボールのスーパースリンキーという種類を張っていたのですが、今回レスポールに張ったのはアーニーボールのRPSシリーズ。今までと比べるとものすごく甘い音色になりました。LINE6のPODxtでいつも使っているセッティングでも、すごく歪ませたセッティングでもとにかく甘い音色になります。メッロメロです。スライドバーとの相性も抜群です。少し高いけれどこれからはRPSシリーズの弦にしようかなと思います。

あと、経年変化でエレキギターの音が変わるという話は僕はけっこう信じているのですが今回は弦の違いがいちばん大きそうです。やっぱり5年ぐらいじゃ変わらないのでしょうか。


拍手[0回]

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

スポンサードリンク

ブログ内検索

たっつぁん

プロフィール

HN:
YSKN
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/06/01
職業:
だいたい自宅警備員
趣味:
音楽、漫画、アニメ、ゲームなどなど。
自己紹介:
ファン歴20年以上のチャゲアスファン。ASKAには幻滅させられたけれど、CHAGE and ASKAが再始動したら手放しで許しちゃうと思う。

アーカイブ

最新コメント

[09/07 鈴木]
[03/18 Dissertation Writing Service]
[02/08 haya]
[12/26 haya]
[12/23 米]
[12/21 haya]
[12/16 sanbyakuMAN]
[12/10 BlogPetのもこもこ]
[12/08 haya]
[12/08 sazzy]
[12/08 b0ner]
[12/07 haya]

忍者アクセス解析

忍者カウンター

忍者バリア

コメントスパムが増えたので忍者バリアを利用しています。

忍者ブログ広告

PR