忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 未分類ネタ > 新聞勧誘の謎

I Can't Tell You Why

リアルでは言い出せないようなチラシの裏なブログ。CHAGE and ASKA、waffles、MacとかApple製品、オーディオインターフェイスとかの話題も。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新聞勧誘の謎

洗濯をして、曲作りに行き詰まり、うたた寝していたYSKNです。こんにちは。

で、うたた寝していたわけですが、インターフォンが鳴って目が覚めたのです。特にamazonとかで買い物していないし、新聞の勧誘あたりだろうと思いながら玄関の扉をゆっくりと開けたら本当に新聞の勧誘でした。

推定30代前半170cmぐらいの短髪で普段は硬派だが、酒が入ると一気に女にだらしなくなるタイプ。

と、秒で妄想した。

話を聞いてみると今日1件も(契約が)取れてなくて帰れないんです。短くても良いんで(新聞を)取って頂けないでしょうか。お米とかチケットとかたくさんサービスしますんで、って感じでした。

売る物は違えど僕も販売員をしていたので売れない時の気持ちはわかります。しかし、店舗だとお客様のほうから来てくれるのですが、新聞の勧誘のように飛び込みで営業をかけるのとだと難易度や営業手法は全く違ってくると思います。しかも本当にそのひとが新聞勧誘の営業さんだと信頼できる材料というのは一見すると非常に少ないんですよね。誠実そうなルックスでスーツ姿で名刺とか最初に渡されたら日本人はたいてい信用してしまうかもしれませんが。でも今まで新聞勧誘のひとはたいていが私服で営業トークも下手。

今は新聞社も自社サイトを運営しているし、社説だってネットで読めるようになっています。ただでさえネットで情報過多になっているのに、毎日僕が必要としていると限らない情報も入っている新聞は購読する理由が今のところ僕には見当たらないのです。

少なくとも私服よりはスーツ姿のほうが信用しやすいと思うし、新聞を購読するメリットを説明した上で更にこんなお得なサービス(契約特典みたいなもの)が付くという説明をしたほうがもう少しはマシな成績になるのではないかなと思ったりします。やったことないからわからないけれど。

それにしても今日の新聞勧誘のひとはそんなにサービスしても良いのってぐらいサービスを並べてきました。そんなにサービスして赤字にならないのでしょうか。月額3000円ぐらいですが、半年以上購読してもらえないとペイできない感じでしたよ。それで短くても良いんで(契約を)お願いしますって言われても、本当に僕が短い期間、1ヶ月間しか契約しなかったとしたらこの件に関しては赤字になりますよね? 全体で黒字になるなら良いと思いますが、全てそういう契約の取り方をしていたら遅かれ早かれ破綻するでしょう。

それとも古い固定顧客で会社全体としては黒字なんだけど、営業さんの成績が悪いとお上から怒られるから過剰なサービスを積んだりするのだろうか。ルミネtheよしもとのチケットとか言っていたし、もしかして営業さん自腹切っていたりするのだろうか。謎。

大変だろうとは思うのですが、商品に関する説明が一切なく、サービスに関する説明ばかりのひとからはとても購読する気は起きません。更には、泣き落としに近いような営業手法……今のままでは未来は明るくないでしょう。

とか思ったりしたけれど、数年前も今とだいたい同じような感じだった気がします。案外、大丈夫なのかも。やはり新聞勧誘は謎である。

拍手[3回]

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

スポンサードリンク

ブログ内検索

たっつぁん

プロフィール

HN:
YSKN
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/06/01
職業:
だいたい自宅警備員
趣味:
音楽、漫画、アニメ、ゲームなどなど。
自己紹介:
ファン歴20年以上のチャゲアスファン。ASKAには幻滅させられたけれど、CHAGE and ASKAが再始動したら手放しで許しちゃうと思う。

アーカイブ

最新コメント

[09/07 鈴木]
[03/18 Dissertation Writing Service]
[02/08 haya]
[12/26 haya]
[12/23 米]
[12/21 haya]
[12/16 sanbyakuMAN]
[12/10 BlogPetのもこもこ]
[12/08 haya]
[12/08 sazzy]
[12/08 b0ner]
[12/07 haya]

忍者アクセス解析

忍者カウンター

忍者バリア

コメントスパムが増えたので忍者バリアを利用しています。

忍者ブログ広告

PR